ブログ初心者がやるべきオススメSEO対策【これだけでOK】

 
質問者
SEO対策って何?
初心者は何をすればいいの?

こんな疑問にお答えします。

  •  SEOとは
  •  初心者がやるべきSEO対策
  •  SEOが難しいジャンル

ブログ運営をしていて、「PVや収益を増やしたい」と思ったときに、真っ先に直面する課題が「SEO対策」です。

難しそうと目を背けても、基本的にWEBサイト流入の大部分はSEOが担っているので、ブロガーは避けて通れません。

初心者ブロガーにも理解できるよう分かりやすく丁寧に解説するので、是非読んでいって下さい。

スポンサーリンク

SEOとは

SEO説明

SEOとは Search Engine Optimizationの略で、直訳すると「検索エンジン最適化」を意味します。

分かりやすく言うと、「検索で上位表示させる方法」です。

SEOはGoogle対策だけでOK

google検索

  •  Google
  •  Yahoo!
  •  Bing
  •  DuckDuckGo
  •  その他多数

検索エンジンは、上記の有名なもの以外にも何十種類と存在します。

しかし、日本人はGoogleとYahoo!を使っている人が全体の9割以上を占めていて、Yahoo!の検索アルゴリズムはGoogleと同じです。

つまり日本人がターゲットの場合、「SEO対策=Googleで上位表示させる方法」という認識でOKなんです。

検索順位はロボットが決めている(ブラックボックス)

クローラー

WEB上には毎日大量の記事がアップロードされていて、人間がいちいち「良い記事」「悪い記事」を判断するのは不可能です。

じゃあGoogleはどうやって順位を決めてるかと言うと、検索アルゴリズム(ロボット)を使って自動で記事を評価し、順位付けしています。

この評価システムは仕組みが一部非公開(ブラックボックス)なので、「恐らくこうじゃないか?」って検証を繰り返すしかなく、故に難しくて終わりがないのです。

今回はGoogle公式の情報に加え、多くのブロガーや書籍でおすすめされている、確実性・信頼性の高いSEO対策を10個紹介します。

検索アルゴリズムのアップデートはチャンス!

アルゴリズム

検索アルゴリズムのアップデートが行われると検索順位が大きく変動します。

昔はアップデートは数年に1度でしたが、今は年に3~4回はあります。

すでに上位表示記事を持つブロガーには恐怖ですが、初心者は失うものがありません。

アップデートは検索順位が上がるチャンスなので、楽しみに待ちましょう。

 
ハセガー
ただし、良い記事・良いサイトを作り、SEO対策をしなければ上位表示はないですよ

初心者ブロガーがやるべき10個のSEO対策

チェックリスト

初心者が最低限抑えるべきSEO対策を10個紹介します。

  1. 検索キーワード調査をする(ニーズを知る)
  2. 読者のニーズを満たす良い記事を作る
  3. 興味を引くタイトルを付ける(狙ったキーワードを入れる)
  4. ディスクリプションはキーワードを散りばめて記事を要約する
  5. 記事公開後はサチコでインデックス登録のリクエストをする
  6. 内部リンク構造を最適化する
  7. 重複コンテンツを無くす
  8. 画像検索への対応
  9. スマホユーザーへの対応
  10. ページスピードも評価される

基本的なことですが、基本が一番大事です。忘れずに取り組みましょう。

①:検索キーワード調査をする(ニーズを知る)

調べる男

検索されていないキーワードを選んで記事を書いてもPVは伸びません。

どんなキーワードが検索されているか(どんなニーズがあるか)を把握する必要があります。

また、キーワードは競争の激しい「ビッグキーワード」を避け、「ロングテールキーワード」を狙いましょう。

ロングテールキーワード=ビッグキーワード+サジェストキーワード

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、「ビッグキーワード」+「サジェスト(関連)キーワード」のことで、複数のキーワードを組み合わせたニッチなキーワードのことです。

検索キーワードは「ラッコキーワード」で、
検索ボリュームは「Googleキーワードプランナー」で把握可能です。
Googleキーワードプランナーの使い方を詳しく解説しています
関連記事

 質問者 Googleキーワードプランナーってどうやって使うの? こんな疑問にお答えします  Googleキーワードプランナーの登録方法・使い方  Googleキーワードプランナー[…]

キーワードプランナー

②:読者のニーズを満たす良い記事を作る

文章を書く女

ブログの基本にして最重要SEO対策が「読者のニーズを満たす良い記事を作ること」です。

  •  良い記事を書けば最後まで読んでくれる読者が増え、「滞在時間」が長くなります。
  •  他記事まで読んでくれれば「ページ/セッション」も上がります。
  •  SNSでシェアされれば、被リンクの獲得ができGoogleから「人気の記事」と認識されます。

などなど、読者の事を考えて作られたサイトは、結果としてGoogleに高く評価されます。

Googleは読者が良いと思う記事を上位に表示させたいので、読者のニーズを満たす記事を書くことが、最も重要なSEO対策になります。

ニーズを正しく把握するために「どんな悩みで検索されているか」読者目線になって考えてみましょう。

③:興味を引くタイトルを付ける(狙ったキーワードを入れる)

注目してほしい人

検索して表示された沢山のページから、どれをクリックするか決めるのは「読者」です。

どんなタイトルだったらクリックしてもらえるか、よく考えましょう。

  •  どの検索キーワードでページを表示させたいかGoogleに正しく認識させるため、狙ったキーワードは必ず入れる
  •  興味を引き、読みたくなるタイトルを付ける
  •  難しい漢字は使わずに、読みやすそうな印象にする
  •  Googleは30文字前後が表示されるので、30文字前後に収める

上記を意識してタイトルを付けるのですが、けっこう難しいです。

文字数は「文字数カウント」が便利

④:ディスクリプションはキーワードを散りばめて記事を要約する

珈琲ディスクリプション
「珈琲 淹れ方」で検索した例

検索結果のタイトルの下に表示される100文字前後の文章がdescription(ディスクリプション)です。

  •  狙ったキーワードを散りばめる
  •  記事の要約をしつつ、読みたくなる文章にする
  •  難しい漢字は使わずに、読みやすそうな印象にする
  •  Googleで表示される100文字前後に収める

上記を意識してディスクリプションを付けましょう。

⑤:記事公開後はサチコでインデックス登録のリクエストをする

記事を作成したら、Googleサーチコンソールで記事のインデックス登録のリクエストをする癖を付けて下さい。

Googleにきちんと記事を見つけてもらい、正しく評価されましょう。

>>【初心者向け】グーグルサーチコンソールの設定方法【ワードプレス】

⑥:内部リンク構造を最適化する

リンク

内部リンクの最適化はSEOに効果があります。

  •  重要ページに内部リンクを集める
  •  アンカーテキストにキーワードを入れる

 重要ページに内部リンクを集める

内部リンクを活用すれば、Googleに関連サイトが多いサイトと認識させることができ、簡単にサイトの専門性を高めることが出来ます。

PVを集めたいページに内部リンクを集めましょう。
(※全然関係ないページからの内部リンクは逆効果です)

 アンカーテキストにキーワードを入れる

アンカーテキスト

アンカーテキストにキーワードを入れないのはもったいないです。

Googleは「リンク」と「キーワード」を結び付けて評価します。

⑦:重複コンテンツを無くす

同じもの

内容が類似のページが存在すると、SEOで損します。

  •  Googleの評価が分散する
  •  ペナルティのリスクがある

検索結果に表示されるページは1つです。

類似ページが存在するなら、どちらか1つは内容を変えるか下書きに戻しましょう。

また、内容が同じ重複ページがあると、Googleに「悪いサイト」と認識される危険があるので注意して下さい。

⑧:画像検索への対応

珈琲で画像検索
「珈琲」で画像検索した例

Googleは画像検索も重要視しています。

  •  代替テキスト(alt属性)を設置する
  •  画像のスマホからの表示もチェックする
  •  JPG形式を利用する

Googleが何の画像なのか認識できるように、代替テキスト(alt属性)を設置しましょう。

また、スマホでの表示チェックも必ず行い、どの環境でも表示されてデータサイズの軽いJPG形式を利用しましょう。

⑨:スマホユーザーへの対応

スマホを持つ手

Googleは「モバイルフレンドリーなサイト」を高く評価すると発表しています。

Googleサーチコンソールで「モバイルユーザビリティ」をチェックし、エラーは0にしておきましょう。

⑩:ページスピードも評価される

スケボーに乗る速い人

Googleはページスピードも検索順位に反映させています。

Googleが無料提供している「PageSpeed Insights」を使って、ページスピードをチェックしましょう。
ページスピードの改善方法は色々ありますが、プラグインの「WP Rocket」を使えば簡単に改善できます。

おまけ:被リンクの獲得は超大事

「沢山シェアされている記事」「他サイトで紹介されている記事」これらの記事は、人が判断して拡散しているので、「読者が良いと判断した記事」であることが多いです。

そのため、被リンクを沢山獲得している記事はGoogleに高く判断されます。

  •  営業・お願いをしてリンクを貼ってもらう
  •  イベントを主催し参加者のリンクを狙う

などの泥臭い活動も効き目があります。

しかしあくまで「良い記事」あっての被リンクであることを忘れてはいけません。

SEO最難関ジャンル「YMYL」は知っておいて!

YMYLについて

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で

健康やお金など、人々の人生に大きな影響を与えるジャンルの事です。

  1. ショッピング
  2. 金融
  3. 医療
  4. 法律
  5. ニュース
  6. その他

以上6つは「YMYLジャンル」と呼ばれ、個人サイトの上位表示がとても難しいです。

YMYLジャンルでは、SEO対策をどんなに頑張って良い記事を書いたとしても、上位表示ができないキーワードが存在することを知っておく必要があります。

特に「健康・医療」での上位表示は厳しいので注意して下さい。

>>ブログでYMYLジャンルを選んでませんか?【E-A-T・SEO対策】

【知りたい人だけでOK】ホワイトハット と ブラックハット

本を読む人

SEO対策には「ホワイトハット」と「ブラックハット」と呼ばれる2種類のSEO対策に分ける考え方があります。

  •  ホワイトハットSEO = 対人間
  •  ブラックハットSEO = 対Google

絶対に知っておくべき知識ではないので、知りたい人だけ読んでください。

 \クリックで開きます/

ホワイトハットSEO=対人間

喜ぶ

ホワイトハットSEOは対人間のSEO対策で、

  •  検索されている(みんなが知りたい)キーワードを探す
  •  読者の悩み・ニーズに応える記事を作る
  •  読者が読みたくなるような「タイトル」「見出し」を付ける
  •  ストレスなく読める文章・構成を考える

など、簡単に言うと「読者が満足するブログを作る」というユーザーファーストの健全なSEOです。

ほとんどのブロガーが自然とやっているSEO対策で、基本的にSEOはホワイトハットを推奨します。

 \クリックで開きます/

ブラックハットSEO=対Google

ブラックハット

ブラックハットSEOとは、Googleの検索アルゴリズムの弱点を探して、Googleの評価を上げることを第一に行うSEO対策です。

  1. 自分で作った大量のサイトからブログへリンクを貼り、大量の被リンクを獲得することで人気ブログだと思わせる
  2. 中古ドメインを購入し、昔から運営しているブログだと思わせる

楽して簡単に稼げそうと思うかもしれませんが、そうでもありません。

  •  Googleは日々賢くなるのですぐに対策されてしまう
  •  多額の初期費用がかかる
  •  専門知識が必要で、裏ワザを探すために勉強し続ける必要がある

初心者にはおすすめしませんし、僕もやらないです。

まとめ:基本的なSEO対策を抑えて上位表示を狙おう!

成長

ブログ運営の基礎知識、「SEO」について解説しました。

基本はユーザーファーストを意識して記事作りを行い、ここで紹介したSEO対策をしていれば問題ありません。

「どんな意図で検索されているのか」

「どんな記事を書けばニーズに応えられるか」

などなど、常に読者目線を意識してブログ制作をしていきましょう!

というわけで、今回は以上です!

読書での学習もおすすめです
あわせて読みたい

 質問者 ブログのSEOとかライティングの参考になる本ってある? こんな悩みにお答えします  アフィリエイトブログの本【初心者向け1冊】  SEO対策(集客)の本【2冊】 &nbs[…]


スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!