2021|無料で商用利用可!フリー画像&イラスト素材サイト12選!

 
質問者
商用利用できるオシャレなロイヤリティフリー画像素材をどこで手に入れたらいいの?

こんな疑問にお答えします

  • 【無料】画像素材サイト3つ
  • 【無料】イラスト素材サイト4つ
  • 【有料】ロイヤリティフリー素材サイト5つ

おしゃれな画像を使うことで、ブログの魅力度を上げることができます。

今回は、無料で利用できる&商用利用OKの、おしゃれなフリー画像&イラスト素材のおすすめサイトを紹介します!

素敵な画像素材を選んで、ブログの魅力をUPさせましょう。

ちなみに僕のおすすめはこんな感じ。

スポンサーリンク

【無料】おしゃれな画像素材サイト

まずは、無料で使えるフリー画像素材サイトを3つ紹介します。

 ODAN(オーダン)

 Unsplash(アンスプラッシュ)

 Pixabay(ピクサベイ)

ODAN(オーダン)

1つ目は、ODAN(オーダン)です。

  •  日本語で検索できる
  •  世界中のフリー画像素材を一発検索できる

この後紹介する「Unsplash(アンスプラッシュ)」も「Pixabay(ピクサベイ)」も含めてまとめて検索できるので、フリー画像素材を探すならODANだけで済んじゃいます。

>>ODAN 公式サイトへ

Unsplash(アンスプラッシュ)

2つ目は海外のフリー画像素材サイト、Unsplash(アンスプラッシュ)です。

  •  英語検索が必要
  •  全て無料で使用できる
  •  写真素材メイン

海外のサイトなので英語検索が必要です。

>>Unsplash 公式サイトへ

Pixabay(ピクサベイ)

3つ目も海外のサイト、Pixabay(ピクサベイ)です。

  •  日本語で検索できる
  •  フリー写真素材200万点以上
  •  写真・イラスト・ベクター

海外のサイトですが日本語検索が可能です。

>>Pixabay 公式サイトへ

【無料】おしゃれなイラスト素材サイト

続いては、無料で使えるフリーイラスト素材サイトを5つ紹介します。

Undraw(アンドロウ)

Drawkit(ドローキット)

Loose Drawing(ルーズドローイング)

いらすとや

Undraw(アンドロウ)

フリーイラスト素材サイトの1つ目は、海外サイトのUndraw(アンドロウ)です。

  •  英語検索が必要
  •  イラストのベースカラーを変更できる
  •  SVGとPNG両方でダウンロードできる

シンプルなイラストがメインのサイトです。

イラストのベースカラーを自由に変えられるので、サイトカラーに合わせたイラストをダウンロードすることが出来ます。

>>Undraw 公式サイトへ

Drawkit(ドローキット)

続いても海外のサイト、Drawkit(ドローキット)です。

  •  英語検索が必要
  •  無料・有料どちらもある
  •  SVGとPNG両方でダウンロードできる

高クオリティなイラストが多く、無料・有料どちらもあります。

>>DrawKit 公式サイトへ

Loose Drawing(ルーズドローイング)

続いては、Loose Drawing(ルーズドローイング)です。

  •  日本語で検索できる
  •  かわいいイラストが多い
  •  ファイル形式はPNG

かわいい雰囲気のイラストが多く、ダウンロード時にカラー変更が可能です。

>>Loose Drawing 公式サイトへ

いらすとや

続いては、いらすとやです。

  •  日本語で検索できる
  •  種類豊富なイラスト
  •  トレンド画像がいち早く入手できる
  •  ファイル形式はPNG

トレンドのイラスト作成が早く、種類も豊富なイラスト専門サイトです。

>>いらすとや 公式サイトへ

【有料】おしゃれなロイヤリティフリー画像素材サイト

続いて、商用利用可能な有料のロイヤリティフリー画像素材サイトを5つ紹介します。

無料画像とは一線を画すクオリティで差別化を図りたい人におすすめです。

 【業界最大】Shutterstock(シャッターストック)

 【高コスパ】123RF(ワンツースリー・アールエフ)

 【サポート安心】PIXTA(ピクスタ)

 【比較的安め】freepik(フリーピック)

 【種類豊富】alamy(アラミー)

Shutterstock(シャッターストック)

業界最大!

有料1つ目は、Shutterstock(シャッターストック)

僕も利用しています。

  •  日本語で検索できる
  •  業界最大!3億7,000万点を超える素材数
  •  写真・イラスト・ベクター

>>Shutterstock(シャッターストック)【友達紹介リンク】

【友達紹介(上記リンク限定)】上記リンクから1年間の定額プラン契約で4,000円分のAmazonギフトカードがもらえる!

料金プラン(年間プラン)

画像750点/月:¥25,000/月(一枚当たり¥33)
画像350点/月:¥22,000/月(一枚当たり¥63)←おすすめ
画像50点/月:¥12,000/月(一枚当たり¥240)←おすすめ
画像10点/月:¥3,500/月(一枚当たり¥350)
仮に週1~2回の更新なら、最低でも「50点/月」をおすすめします。
少し高めですが、シャッターストックで欲しい素材が見つからないことはまずありません。
どうしても値段は抑えたいけど、高クオリティの素材が使いたいって人は、次の「123RF 」を選びましょう。

123RF(ワンツースリー・アールエフ)

割安!広告素材でも使用!

2つ目は、123RF(ワンツースリー・アールエフ)

  •  日本語で検索できる
  •  1.5億点を超える素材数
  •  写真・イラスト・ベクター
  •  コスパが最高

>>123RF 公式サイトへ

料金プラン(年間プラン)

画像10枚/月:2,775円/月(一枚当たり¥278)
画像50枚/月:7,275円/月(一枚当たり¥146)
画像150枚/月:10,500円/月(一枚当たり¥70)←おすすめ
画像350枚/月:15,225円/月(一枚当たり¥44)
年間プランの画像150枚/月:10,500円/月がおすすめです。
月間プランもありますが、年間プランが断然お得!
シャッターストックでは月50枚の次は月350枚プランですが、123RFでは月150枚プランが用意されているのも嬉しいポイント!
シャッターストックより素材数では劣りますが、同じレベルの素材をより安く利用できます。

PIXTA(ピクスタ)

日本企業でサポートが手厚い

3つ目は、PIXTA(ピクスタ)

  •  日本語で検索できる
  •  6000万点を超える素材数
  •  写真・イラスト・ベクター
  •  サポートが手厚く安心利用できる

>>PIXTA 公式サイトへ

料金プラン(年間プラン)

画像10点/月:6,380円
画像100点/月:16,500円←おすすめ
画像350点/月:24,970円
画像750点/月:29,480円
画像10点だと少なすぎるので、最低でも100点をおすすめします。
信頼の日本企業なのでサポートも手厚く、フリー素材サイトの利用に不安のある方でも安心して使用できます。

freepik(フリーピック)

比較的安め

4つ目は、freepik(フリーピック)

  •  英語検索が必要
  •  素材数不明
  •  写真・イラスト・ベクター
  •  クレジット記載を要確認

>>freepik 公式サイトへ

料金プラン

毎月支払い:9.99EUR/月(約1,200円)
年間支払い:7.5EUR/月(約900円←おすすめ
他サイトよりも素材数で劣りますが、比較的安く利用できます。
中には無料使用できる画像もあるので、掘り出し物が見つかるかも。
利用規約をいちいち確認しなきゃいけないのがマイナスポイントです。
無料利用はクレジット記載が必要!素材によって利用規約を要確認!

alamy(アラミー)

360度画像や動画素材まで豊富

5つ目は、alamy(アラミー)

  •  英語検索が必要
  •  2億6千万点を超える素材数
  •  画像・動画・360度など種類豊富

>>alamy 公式サイトへ

料金プラン(個別)

パック購入料金

ブログ使用の場合、1枚49.99ドル
(パック購入なら割安)

クオリティの高い種類豊富な素材が沢山ありますが、値段が高いです。

他サイトで見つからなかった時に、alamyで探してみて単体購入がベストかと。

>>alamy 公式サイトへ

フリー画像素材を使うときの注意点

フリー素材を使用する際、気を付けてほしいことは以下2つ。

・利用規約を守る
・画像サイズを小さくする

利用規約を守る

今回紹介したサイトは「商用利用OK」「クレジット表記不要」ですが、いつ利用規約が変更になるかは分かりません。

必ず利用規約を守って使用しましょう。

また、ネットから拾ってきて無断転載するのは犯罪なので、絶対にやめて下さい。

画像サイズを小さくする

フリー画像素材はサイズが大きいことがほとんどです。

そのまま載せてしまうと表示スピードが遅くなりますしサーバーも圧迫します。

必ず画像圧縮してサイズを小さくしてから載せるようにしましょう。

どこまで画像サイズを小さくするかはそのサイトの方向性にもよりますが、僕の場合は大きくても100KBには収まるように調整しています。

画像圧縮ツールを何個か紹介するので、画像に合わせて使い分けて下さい。

まとめ:おしゃれなフリー画像でブログの魅力をUPしよう!

おすすめのフリー画像素材サイトを紹介しました。

記事の世界観に合う、読者の目を引く素敵な画像素材を使用すれば、ブログの離脱率は下がるしリピート率は上がります。

ブログに合う「素敵な画像」を選んで、サイトの魅力をUPさせましょう!

筆者はダウンロードした画像に「Adobeフォトショップ」で文字を入れたりしてます。

今回は以上です!


スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!