SEOキーワードの効果的な入れ方と注意点【ブログアクセスUP】

 
質問者
キーワードってブログのどこに入れればいいの?
SEOに効果的な入れ方を知りたい!

こんな疑問にお答えします

  •  SEOに効果的な検索キーワードの入れ方

SEO対策で「キーワード選定」はとても重要ですが、「キーワードの入れ方」も大事です。

今回はSEOに効果的なキーワードの入れ方を解説します。

この記事を読めば、SEOを意識してキーワードを入れる方法を身に付けることができます。

では本文へいきましょう!

スポンサーリンク

SEOキーワードの効果的な入れ方【3ヵ所】

SEO効果のあるキーワードを入れるポイントは下記3ヵ所です。

タイトル

H2見出し

メタディスクリプション

ひとつずつ解説していきますね。

【例】下の記事を参考にして解説していきます
関連記事

 質問者ブログの「検索キーワード」ってどう選べばいいの?こんな疑問にお答えします 検索キーワードの選び方 検索キーワード選びのコツ 検索キーワード選びに使えるツ[…]

  • 検索キーワード
  • 選び方

SEOキーワードの入れ方①
「タイトル」

タイトルにキーワードを入れることは、

  • 読者
  • GoogleのSEO

どちらにも効果があります。

読者は「記事の内容」をタイトルから連想させてクリックしますし、Googleはタイトルに含まれるキーワードをサーチして検索結果に表示させるからです。

表示される文字数は25~30文字なので、30文字前後に収めることを意識してください。

ハセガー
仮に文字数をオーバーしても、キーワードを左側(タイトル前半)に持ってくれば問題ないです!
  1. 30文字前後に収める
  2. 検索キーワードの順番を守る
  3. キーワードは左側に寄せる

上記を意識して、タイトルにキーワードを入れましょう。

SEOキーワードの入れ方②
「H2見出し」

H2見出しに検索キーワードを入れることも、SEOに効果があります。

例のH2見出しを書き出してみると、

  1. 検索キーワード選びが重要な理由
  2. YMYLの検索キーワード選ばない方がいい
  3. 検索キーワード選びのコツ(NO MORE ビッグキーワード)
  4. 検索キーワードの調査・選定方法
  5. まとめ:効果的な検索キーワード選んで収益を上げよう!

こんな感じでキーワードを入れ込んでいます。

注意点としては、

・無理やり(不自然)に入れない方がいい
・H3は気にしなくてもいい

読者が読むということを意識して、なるべく自然にキーワードを入れましょう。

ハセガー
例でも、無理やり「選び方」というキーワードに固執せず、「選び・選定」などでOKとしています

SEOキーワードの入れ方③
「メタディスクリプション」

メタディスクリプションとは上記の部分のことです。

  1. 検索キーワードを散りばめる(複数回OK)
  2. 90~120文字に収める
  3. 読みやすい印象で記事の要約をする

メタディスクリプションと検索キーワードが一致すると太文字で表示されます。

ハセガー
上記のように、THE THORの場合は標準搭載でメタディスクリプションが設定できるようになっています
もし有料テーマSWELLなどを使用していて、メタディスクリプション設定が出来ない場合、「SEO SIMPLE PACK」などのプラグインを入れて設定しましょう。

SEOキーワードの選び方

検索キーワードの調査・選定方法は下記で詳しく解説しています。

関連記事

 質問者ブログの「検索キーワード」ってどう選べばいいの?こんな疑問にお答えします 検索キーワードの選び方 検索キーワード選びのコツ 検索キーワード選びに使えるツ[…]

まとめ:SEOを意識してキーワードを入れよう!

SEOに効果のあるキーワードの入れ方を解説しました。

今までキーワードを適当に入れてた人は、上位表示の可能性を自分で捨ててたことになります。

この記事で紹介した方法を意識して、

  1. タイトル
  2. H2見出し
  3. メタディスクリプション

上記3ヵ所にキーワードを入れましょう。

というわけで、今回は以上です!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!