検索キーワードの調査方法と選び方【ブログ上位表示のコツ】

 
質問者
ブログの「検索キーワード」ってどう選べばいいの?

こんな疑問にお答えします

  •  検索キーワードの選び方
  •  検索キーワード選びのコツ
  •  検索キーワード選びに使えるツール

ブロガーにとって検索キーワード選びはとても重要なポイントです。

なぜなら、検索キーワードを誤って選んでしまうとアクセスアップは望めないからです。

今回はSEOに効果的な、正しい検索キーワードの選び方を解説していきます。

この記事を読めば、誰でも最適な検索キーワード選びができるようになります。

ではいきましょう!

スポンサーリンク

検索キーワード選びが重要な理由

「検索キーワード選び」とは「どんな検索をした人に流入してほしいか」を決めることです。

検索されるキーワードは無数にあり、キーワードによって「検索ボリューム」や「競合の強さ」は違います。

無数にあるキーワードから的確に検索キーワードを選ばなければ、記事を上位表示させることができず、結果として検索からのアクセスアップは望めません。

記事内で検索キーワードを入れる箇所

  •  タイトル
  •  H2見出し
  •  メタディスクリプション

検索キーワードは「タイトル」「H2見出し」「メタディスクリプション」に入れましょう。

Googleはこの3ヵ所をサーチして検索結果に表示させます。

SEOに効果的なキーワードの入れ方は、下の記事で具体的に解説しています。

関連記事

 質問者キーワードってブログのどこに入れればいいの?SEOに効果的な入れ方を知りたい!こんな疑問にお答えします SEOに効果的な検索キーワードの入れ方SEO対策で「キーワード選定」はと[…]

YMYLの検索キーワードは選ばない方がいい

そもそも、上位表示可能な検索キーワードを選ばなければ、努力する意味がありません。

狙うべき検索キーワードで検索した時に、1ページ目に表示されるのが「病院」「自治体」「企業」サイトだけの場合、その検索キーワードは「YMYLジャンル」である可能性が高いです。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、
健康やお金など、人々の人生に大きな影響を与えるジャンルの事です。
YMYLジャンルでは「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」が求められるため、個人サイトの上位表示は非常に困難なので、避けるのが吉です。
YMYLジャンルについて詳しく解説しています
関連記事

 質問者ブログのYMYLジャンルって何?こんな疑問にお答えします YMYLジャンルについて YMYLでは「E-A-T」が特に重要 YMYLに該当する6つのジャン[…]

SEOに効果的な検索キーワードを選ぶコツ

検索キーワードの選び方のコツは「どれだけ検索されているか(検索ボリューム)」と「競合の強さ」を正しく見極めることです。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、めっちゃシンプルなので安心して下さい。

順を追って説明していきます。

検索ボリューム・競合の強さから、検索キーワードを選ぶ

検索キーワードにはそれぞれ「検索ボリューム」と「競合の強さ」があります。

検索ボリュームが多い方がたくさん検索されていますが、競合が強いため上位表示は難しいです。
逆に検索ボリュームが少ないキーワードはあまり検索されていませんが、競合も少ないので上位表示が狙えます。
 
ハセガー
上記を踏まえて、検索ボリュームも競合の強さもそこそこで、頑張れば上位表示が狙えるロングテールキーワードを選びます!

狙う検索キーワードは「ロングテールキーワード」

前項の理由から、検索キーワードは「ロングテールキーワード」に設定します。

  •  【検索ボリューム大】ビッグキーワード(例:ブログ)
  •  【検索ボリューム中】ミドルキーワード(例:ブログ 始め方)
  •  【検索ボリューム小】ロングテールキーワード(例:ブログ 始め方 無料)

ビッグキーワード・ミドルキーワードは検索ボリュームは多いですが、激戦区のため上位表示が難しいです。

なので、検索ボリュームは少なくても上位表示が狙いやすい「ロングテールキーワード」を狙うのが、個人ブログSEOの基本になります。

ロングテールキーワード
=ビッグキーワード+サジェストキーワード

ロングテールキーワードとは「ビッグキーワード」と「サジェストキーワード(関連キーワード)」を組み合わせたキーワードのこと。

複数単語の組み合わせのため、1単語よりも検索ボリュームが少なくなります。

ロングテールキーワードの「商品成約率」は高い!

検索ボリュームが少ないからと侮るなかれ!!

ロングテールキーワードはユーザーの悩みがピンポイントなため、その悩みを解決する記事も書きやすく、商品成約率が高くなるという特徴があります。

検索キーワード別の商品成約率(引用:バズ部
検索キーワードビッグキーワードミドルキーワードロングテール
商品成約率0.56%2.85%53.60%

例えば、「ブログ 始め方 無料」というロングテールキーワードなら、「無料でブログを始めたい」という悩みが明確で記事も書きやすいですよね。

逆にビッグキーワードの「ブログ」だけだと、どんな悩みで検索したのか意図が分かりません。

つまり、ロングテールキーワードなら読者の悩みを解決しやすく、検索ボリュームは少なくても大きな収益が得られる可能性が高いということです。

 
ハセガー
競合も強くなく、記事も書きやすく、商品成約率は高いという、まさに個人ブロガーには狙い目!

検索キーワードの調査・選定方法

続いて、具体的にどうやって検索キーワードを選ぶのか解説していきます。

検索キーワードの調査手順
【 検索キーワードの調査手順 】
  • ステップ①
    「ラッコキーワード」でサジェストキーワード調査

    ラッコキーワード

    まず初めに、ラッコキーワードでサジェストキーワードを探します。

    ラッコキーワード「ブログ」検索

    上記画像はメインキーワードを「ブログ」で検索した例です。

    「サジェストキーワード」と「サジェストのサジェストキーワード」を探すことが出来ます。

    そのキーワードでどんな記事を書けばいいか分からない場合は、「Yahoo!知恵袋」を参考にするとユーザーの悩みを具体的に把握することが出来ます。

  • ステップ②
    「キーワードプランナー」で検索ボリューム調査

    キーワードプランナーラッコキーワードでサジェストキーワードをピックアップしたら、「キーワードプランナー」で検索ボリュームをチェックし、検索キーワードを選びます。

    「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリック

    「ラッコキーワード」で見つけたサジェストキーワードを丸ごとコピペ

    検索ボリュームが確認できます
    初心者は月間平均検索ボリューム「100~1000」くらいを狙うのがおすすめです。

    Googleキーワードプランナーの使い方を詳しく知りたい人は、下記を参考にして下さい。

    関連記事

     質問者Googleキーワードプランナーってどうやって使うの?こんな疑問にお答えします Googleキーワードプランナーの登録方法・使い方 Googleキーワードプランナー[…]

    キーワードプランナー

  • ステップ③
    「GRC」で記事の検索順位をチェック

    GRC

    本気で稼ぎたいなら、検索順位チェックは必須です。

    その検索キーワードで順位が上がりきったと思ったら、「タイトル」「見出し」「メタディスクリプション」と記事内容のリライトを行う必要があります。

    たくさんの検索キーワード順位を自動でチェックできる「GRC 」で順位チェックを行う癖を付けましょう。

    値段は月500円弱なので、試しに導入して使い心地を確認してみてください。

    >>GRC公式サイトへ

まとめ:効果的な検索キーワードを選んで収益を上げよう!

検索キーワードの選び方を解説しました。

この記事のやり方でロングテールキーワードを選び、GRCで順位チェックしてリライトをすることで、筆者は検索順位を上げています。

重ねてになりますが、「競合の強さ」と「YMYLジャンル」には注意して下さい。

というわけで、今回は以上です!

SEOの勉強は読書がおすすめ
関連記事

 質問者ブログのSEOとかライティングの参考になる本ってある?こんな悩みにお答えします アフィリエイトブログの本【初心者向け1冊】 SEO対策(集客)の本【2冊】&nbs[…]

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!