WordPressに最低限インストールすべきプラグイン4選!おすすめも紹介!

 
質問者
WordPressに最低限インストールしておくべきプラグインを教えてほしい

こんな疑問にお答えします。

  •  必須プラグイン4選!
  •  おすすめプラグイン4選!
  •  筆者使用のおすすめ有料プラグイン
  •  プラグインの入れすぎがNGな理由
  •  プラグインは何個までOKか

WordPressに入れておくべき必須プラグイン4個、おすすめプラグイン4個を紹介します。

プラグインは入れすぎると不具合の原因になるので、必要なものを厳選して入れましょう。

スポンサーリンク

【インストールすべき】必須プラグイン4選!

まずはWordPressブログに最低限必要なプラグイン4つです。

これに変わるプラグインでもOKです。

XML Sitemaps【サイトマップ作成】

XML Sitemaps【サイトマップ作成】

XML Sitemapsでサイトマップを作成することで、Googleがサイトを見つけやすくなります。

サイトマップを作成してからサーチコンソールでインデックス登録申請をすれば、新規記事を作成してから検索表示されるまでスムーズに行えます。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)【スパム対策】

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)【スパム対策】

WordPressに初めから入っていることが多いプラグイン。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)を導入することで、自動でスパムコメントを無効化できます。

SiteGuard WP Plugin【セキュリティ強化】

SiteGuard WP Plugin【セキュリティ強化】

インストールするだけでサイトのセキュリティを強化してくれるプラグイン。

ConoHa WING で始めた人は初めから入っています。

All-in-One WP Migration【バックアップ】

All-in-One WP Migration【バックアップ】

簡単にWordPressのバックアップが取れるプラグイン。

筆者はConoHa WING で毎日自動バックアップをしているので、必要に応じて、このプラグインで適宜バックアップを取っています。

All-in-One WP Migration の使い方は下記で解説しています
関連記事

WordPressのバックアップを簡単に取る方法を解説します。 やり方は色々ありますが一番楽なのは、 「All-in-One WP Migration」というプラグインを使う方法です。 All-in-One WP Mig[…]

BackWPup なら毎日自動バックアップが可能

もしサーバーで自動バックアップをしてない場合、「BackWPup」を使用して毎日自動バックアップをおすすめします。
BackWPup 【自動バックアップ】

設定が少し面倒ですが、バックアップは大事なのでしっかり取っておきましょう。

バズ部さんが「BackWPup」の使い方を解説しています
バズ部

  あらゆるリスクに備えてデータのバックアップは不可欠だ。バックアップさえできていれば万が一データが消えてしま…

【必要に応じて使用】おすすめプラグイン4選!

次に、必須ではないけどあると便利なプラグインです。

個人的には「リンクチェック」は無いと困ります。

Broken Link Checker【リンク切れチェック】

Broken Link Checker【リンク切れチェック】

リンクしていた記事やツイートなどが削除され、リンクが切れてしまった時に知らせてくれるプラグイン。

自分で全リンクをチェックして確認するのは現実的じゃないので、リンクをするなら導入しておきましょう。

EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

WordPressにアップロードした画像を圧縮してくれるプラグイン。

自動で圧縮してくれますが、あくまで補助的使用目的です。

最初から圧縮済みの画像をアップロードして、その上でデータを軽くするために使いましょう。

Contact Form 7【お問合せフォーム作成】

Contact Form 7【お問合せフォーム作成】

「お問い合わせフォーム」を設置するためのプラグイン。

ブログに「お問い合わせフォーム」を設置したい方は導入しましょう。

WordPressテーマ「THE THOR」には「お問い合わせフォーム作成機能」は標準搭載されているので、必要ありません。

Site Kit by Google【Analytics・Search Console・AdSenseをWordPress上で表示】

Site Kit by Google【Analytics・Search Console・AdSenseをWordPress上で表示】

Site Kit by Google を使用することで、WordPress上で「アナリティクス」「サーチコンソール」「アドセンス」を表示させることができます。

細かいデータを見るにはそれぞれのサイトに行く必要がありますが、サクッと数値を把握するのに便利です。

筆者使用のおすすめ有料プラグイン

ブログがプラグイン1個で爆速になるおすすめツールです。

WP Rocket【ブログ表示速度改善】

ブログ表示速度を改善したいなら、「WP Rocket」をおすすめします。

表示速度改善には普通、複数のプラグインを用いることが多いですが、「WP Rocket」なら1個で済みますし、簡単に改善できます。

筆者が唯一使用している有料プラグインです(料金は年間49ドル)

>>WP Rocket 公式ページへ

改善結果や導入方法など、詳しくは下の記事で解説しています
関連記事

ブログの表示速度の改善に頭を悩ませていませんか? 試しに導入してみたプラグイン「WP Rocket」で、WordPresサイトの表示速度を簡単に上げることができたので、紹介したいと思います! WordPressの速度改善プラグインはこれ1個[…]

プラグインの入れすぎがNGな理由

WordPressにプラグインを入れすぎることで、

  •  プラグインを入れすぎてブログが重たくなる
  •  プラグイン同士の干渉で表示がおかしくなる
などの不具合が発生する可能性が高くなります。

プラグインを入れすぎてブログが重たくなる

プラグインの中身はプログラムが長々と書かれた「スクリプトファイル」です。

ブログを表示する際、裏でこのスクリプトファイルを「読み込み」→「処理」してから「ブログ表示」しています。

プラグインが多ければ多いほど、ブログ表示までに「読み込んで」「処理」しなければならないテキストファイル量が多くなります。

その結果、表示速度が遅くなってしまうのです。

impress BUSINESSMEDIA

ブログの表示速度が遅くなると、ユーザーの離脱率が上がります。

上のデータでは、「読み込みに 3 秒以上かかるページからは 53% のモバイルサイト訪問者が離脱」しています

ブログの表示速度を上げるためにも、プラグインの数を抑えることは基本なのです。

プラグイン同士の干渉で表示がおかしくなる

プラグインによっては干渉して、ブログになんらかの不具合が生じるケースがあります。

これが意外と沢山報告されていて、不具合の出方も様々です。

もしプラグインを入れたことで不具合が生じたときは、速やかに該当プラグインの「無効化・削除」を行いましょう。

基本、該当プラグインの削除で直ります。

 
ハセガワ
筆者もプラグインが原因で、レイアウトが崩れたり表示が妙に遅くなったりしたことがありました

プラグインは何個までOK?

これは使用しているテーマにもよりますが、多くのブロガーたちが「10~15個」以内で調整しているようです。

筆者も15個を超えた時くらいに不具合が起きたので、そのあたりを基準にしています。

 
ハセガワ
現在、当ブログで使用しているプラグイン数は合計11個です!

まとめ:プラグインをうまく使いこなそう!

WordPressに最低限必要なプラグインと、おすすめのプラグインを紹介しました。

他にも「目次作成プラグイン」や「吹き出し作成プラグイン」などいろいろ存在しますが、テーマによって標準搭載されてたりします。

つまり使用しているテーマによって、必要なプラグインは変わってくるのです。

必要なものを厳選して、ブログが重たくならない範囲でうまく使いこなしましょう。

最後にプラグイン選びで気を付けるポイントを1点。

「サポートが終了しているもの」「長い期間更新されていないもの」は、不具合が出る可能性が高いので気を付けて下さい。

というわけで、今回は以上です!

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!