Googleアナリティクスの初心者向け設定方法【WordPress】

「グーグルアナリティクスをどうやって設定したらいいの?」

そんな人のために、グーグルアナリティクスの設定方法を分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

グーグルアナリティクスで出来ること

グーグルアナリティクスは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。

サイトに訪問した人の行動を分析して「見える化」してくれます。

  • アクセス数
  • 滞在時間
  • 流入経路
  • よく読まれてる記事
  • 年齢・性別
  • 使用デバイスなど

これらの分析データは、サイトを改善するのにメチャクチャ役立ちます。

例えば、

メインじゃない記事が沢山読まれているので、その関連記事を増やしたり。

ユーザーの使用デバイスが「PC10%:スマホ90%」なので、スマホでの読みやすさ中心のレイアウトに変えたり。

そうやって、「自分が提供してるもの」「ユーザーが求めてるもの」のギャップを減らしていくことで、

ブログのアクセス数を「データに基づいて」伸ばしていくことができます。

そんな大事な「グーグルアナリティクス」の設定方法を、分かりやすく説明していきます。

 
設定にかかる時間は10~15分くらい!

グーグルアナリティクスの設定手順

①Googleアカウントを作成

まずはGoogleアカウントを作成します。すでに持っている方は飛ばして下さい。

氏名・メールアドレス・パスワード・電話番号を入力し、アカウントを作成します。

②Googleアナリティクスに登録

続いてGoogleアナリティクスに登録します。

「無料で利用する」をクリック。

「測定を開始」をクリック

新しいアカウント名後で変更も可能ですし何でもOK。。
アカウントのデータ共有設定全てチェック。

入力できたら「次へ」をクリック。

  1. プロパティ名:WEBサイトの名前など。なんでもOKです。
  2. タイムゾーン:ほとんどの人が日本のサイトだと思いますが、自分の国を選択。
  3. 通貨:日本円を選択。

    入力できたら「次へ」をクリック。

  1. 業種:業種を選択。分からなければ「その他」でOK。
  2. ビジネスの規模:個人のブログなら「小規模」
  3. 利用目的:一番上にチェック

    入力できたら「作成」をクリック。

続いて、データストリームの設定

「ウェブ」をクリック。

  1. https://を選択:SSL化をしていない方は「http://」を選択。ConoHaでWordPressサイトを作った方は「https://」でOK。
  2. 自分のブログURLを入力:「https://」は省いて入力して下さい。
  3. ストリーム名:ここは何でもOK。
入力が完了したら「ストリームを作成」をクリック。

これでグーグルアナリティクスの登録が完了しました。

ここまで来ればあと少しです!

 
次は、サイトにトラッキングコードを設置していきます。3パターン紹介しますが、どれか一つで設置すればOKです。

③トラッキングコードをサイトに設置(3パターン紹介)

トラッキングコードを自分のサイトに設置していきます。

設定方法は色々ありますが、以下の3パターンを紹介します。

【設置方法①】THORを使った簡単な方法

アナリティクスの画面から、

  1. 左下の管理ボタン「歯車」をクリック
  2. プロパティの選択で、「UA-」からはじまるプロパティを選択
  3. 「トラッキング情報」
  4. 「トラッキングコード」

「UA-」から始まるトラッキングIDをコピーします。

WordPressのダッシュボードから

「①外観」→「②カスタマイズ」

「基本設定」→「アクセス解析設定」→「Google AnalyticsのトラッキングID」に先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付けます。

貼り付けが完了したら、上の「公開」をクリック。

以上で設置完了!

アナリティクス画面を開き、スマホ(PCの新規ウィンドウ)で自分のブログにアクセスして下さい。

「アクティブユーザー」のところに「1」と表示されればOKです!

「1」は自分がカウントされているということ。この後自分のカウントの除外方法を説明します。

下のボタンで【次の項目】へ飛びましょう。

【設置方法②】WordPressにコードを直接コピペする方法

アナリティクスの画面から、

  1. 左下の管理ボタン「歯車」をクリック
  2. プロパティの選択で、「UA-」からはじまるプロパティを選択
  3. 「トラッキング情報」
  4. 「トラッキングコード」

「グローバルサイトタグ」のコード
<!- -Global site tag(gtag-js) – Google Analytics – ->から</script>
までをまとめてコピーします。

WordPressのダッシュボードから

「①外観」→「②テーマエディター」をクリック。

「①親テーマを選択」→「②テーマヘッダー(header.php)」をクリック。

「</head>の直前」にコピーしたトラッキングコードを貼り付けます。

貼り付けが終わったら「ファイルを更新」をクリック。

以上で設置完了!

アナリティクス画面を開き、スマホ(PCの新規ウィンドウ)で自分のブログにアクセスして下さい。

「アクティブユーザー」のところに「1」と表示されればOKです!

「1」は自分がカウントされているということ。この後自分のカウントの除外方法を説明します。

下のボタンで【次の項目】へ飛びましょう。

【次の項目】自分のアクセスの除外方法へ進む

【設置方法③】プラグイン「All in One SEO」を使用する方法

WordPressに「All in One SEO」をインストールして「有効化」します。

ダッシュボードから、

「①All in One SEO」→「②一般設定」をクリック。

「①ウェブマスターツール」→「②Googleアナリティクス」をクリック。

下にスクロールして、「雑多の検証」にトラッキングコードを入力します。

アナリティクスの画面から、

  1. 左下の管理ボタン「歯車」をクリック
  2. プロパティの選択で、「UA-」からはじまるプロパティを選択
  3. 「トラッキング情報」
  4. 「トラッキングコード」

「グローバルサイトタグ」のコード
<!- -Global site tag(gtag-js) – Google Analytics – ->から</script>
までをまとめてコピーします。
「All in One SEO」の「雑多の検証」部分に貼り付けます。

貼り付けが終わったら「変更を保存」をクリック。

以上で設置完了!

アナリティクス画面を開き、スマホ(PCの新規ウィンドウ)で自分のブログにアクセスして下さい。

「アクティブユーザー」のところに「1」と表示されればOKです!

「1」は自分がカウントされているということ。この後自分のカウントの除外方法を説明します。

自分のアクセスカウントを除外する方法

自分のIPアドレスが必要なので、下のボタンから自分のIPアドレスを確認して下さい。

「あなたの利用しているIPアドレス」をコピーします。
アナリティクスの画面から、

左下の管理ボタン「①歯車」→「②フィルタ」をクリック。

「フィルタを追加」をクリック。
  1. フィルタ名:「自分のアクセスカウント除外」。分かりやすければ何でもOK。
  2. フィルタの種類:カスタムに設定
  3. フィールド:IPアドレスを選択
  4. パターン:先ほどコピーしたIPアドレスを貼り付け

入力できたら下の「保存」をクリック。

フィルタが追加されました。

スマホ(PCの別ウィンドウ)で自分のサイトにアクセスして、

リアルタイムユーザーが「0」になっていれば設定完了です。

目次へ戻る

グーグルアナリティクスの初期設定

グーグルアナリティクスはそのままでも十分利用できますが、

個人的に設定してほしい項目を2つ紹介します。

  1. ユーザー属性レポート(年齢・性別)
  2. ボットのフィルタリング

【設定①】ユーザー属性レポート(年齢・性別)

これを設定すると、ユーザの年齢・性別が分析できるようになります。

左下の管理ボタン「①歯車」→「②プロパティ設定」をクリック。
「ユーザー属性レポートとインタレスト カテゴリ レポートの有効化」をオンにする→「保存」をクリック。
これで年齢・性別が分析できるようになりました。
反映されるまで1日~数日かかりますが、アナリティクス画面の「ユーザー」→「ユーザー属性」に表示されます。

【設定②】ボットのフィルタリング

スパムボットなどの邪魔なデータを除外する設定です。

左下の管理ボタン「①歯車」→「②ビューの設定」をクリック。
「ボットのフィルタリング」の箇所にチェックを入れて、「保存」をクリックしたら完了。

目次へ戻る

グーグルアナリティクスのチェックポイント

グーグルアナリティクスの見るべきポイントや項目の意味を解説します。

①ブログ全体のアクセス数

「ユーザー」→「概要」
  1. ユーザー・新規ユーザー:ブログを訪問してきた人数。
  2. セッション:ブログを訪問してきた回数。(1人が2回訪問したら2カウント)
  3. ページビュー数(PV数):見られたページ数。(1回の訪問で2ページ見られたら2カウント)
  4. 平均セッション時間:滞在時間。1ユーザーがどれくらいの時間ブログを見ていたか。
  5. 直帰率:他ページを見ずにブログを離れた人の割合

②ページ別のアクセス数

「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」
ページ別のアクセス数が表示されます。

③年齢・性別

「ユーザー」→「ユーザー属性」→「概要」
ユーザーの年齢・性別が表示されます。

④使用デバイス(PC/スマホ)

「ユーザー」→「モバイル」→「概要」

ユーザーが使用しているデバイスの割合が表示されます。

  • desktop (PC)
  • mobile (スマホなどの携帯端末)
  • tablet (iPadなどのタブレット端末)

⑤ブログへの流入経路

「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」

ユーザーがどこからブログを訪れたのか表示されます。

  • Organic Search:GoogleやYahooなどの検索エンジンから流入
  • Direct:お気に入りやブックマーク、アプリ、QRコード、URLの直接入力での流入
  • Social:SNSからの流入
  • Referral:他サイトに貼られた外部リンクからの流入
  • Paid Search:リスティング(有料)広告からの流入
  • Display:ディスプレイ広告(バナー)からの流入
  • Other Advertising:その他広告からの流入
  • Email:メルマガなどメールからの流入
  • Other:その他
 
他にも沢山の情報を分析してくれているので、気になる方は他の項目をクリックして確認してみて下さい。

目次へ戻る

おわりに

グーグルアナリティクスの設定方法を解説させていただきました。

利用しなきゃ損するだけの、ブロガー必須の無料ツールです。

積極的に利用してサイト改善に役立てましょう!

何か困ったことや質問がありましたら、「お問い合わせ」からお願いします。

というわけで以上です!

あわせて読みたい

 質問者副業ブロガーが実際に使ってる、ブログ運営に必要なツール(道具)を全部教えてほしい!こんな悩みにお答えします 副業ブログ運営に必要なツール・サービス「全て」今回は[…]

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!