2022|WordPressにオススメのレンタルサーバー4社を徹底比較!

 
質問者
レンタルサーバーって、結局どれを選べばいいの?

こんな疑問にお答えします

  • レンタルサーバーでチェックするポイント
  • 有名レンタルサーバー4社を徹底比較
  • 4社それぞれのメリット・デメリット

WordPressブログ(サイト)を運営するのに必要不可欠なレンタルサーバーですが、数が多くて何を選べばいいか分からないですよね。

僕自身ブログを開設する時「結局どのサーバーを選んだらいいの!?」って困った経験から、この記事では極限まで厳選しました。

副業ブロガーの僕が「この中から選べばどれを選んでも失敗しない」というレベルまで絞ったので、あとは好みで選んで大丈夫です!

ハセガー
どうしても迷ってしまう人は筆者も利用しているConoha WINGを選べば間違いないですよ
ではいきましょう!
スポンサーリンク

レンタルサーバーを選ぶときにチェックするポイント

  1. 速さと安定性:データ転送量は十分にあるか
  2. 料金設定:必要な性能を抑えた上で安いか
  3. WordPressサイトが簡単:WordPressセットアップの難易度
  4. 自動バックアップ:自動で何日分のバックアップが保存されるか
  5. セキュリティ対策:SSL化・WAFなどのウイルス対策
  6. 複数サイト運営はできるか:マルチドメイン

レンタルサーバーを選ぶときにチェックするポイントは上記6つです

ハセガー
そんなのどうでもいいから早くおすすめを教えてって人はスルーで大丈夫!詳細を知りたい人は下のタブを開いてね

①速さと安定性:データ転送量は十分にあるか

基本的なサーバーの性能で見るべきポイントはズバリ「転送量」です
転送量が大きいほど重いデータをやり取り可能で、安定性も上がります

例えば ConoHA WING の一番安いベーシックプランの転送量は「27.0TB/月」

27TB = 27,000GB = 27,000,000MB = 27,000,000,000KB
この転送量を超えない限り高速な通信速度は保証されています
27TBがどれくらいなのか計算してみました!

平均50KBの画像(僕はそれくらい)を50枚(正直多い)載せたページを作ったとします
[ 50KB × 50枚 = 2500KB = 2.5MB ]←1ページデータ量2.5MB

余裕を持って1ページのデータ量3MBで計算します

3MB(1ページデータ量) × 9,000,000PV(表示回数)= 27TB(ConoHa最安プラン)

つまり、月に9,000,000PVまでなら大丈夫ということです。30日で割っても1日300,000PV
※万が一この転送量目安を超えたとしても、追加費用はかかりません

正直十分すぎるデータ転送量です!
月に500万円稼いでいるブロガーでも、月のPV数は多くて20~30万PVです
これだけあればサーバーが落ちて稼ぐチャンスをのがすこともありません
このように必要なデータ転送量を計算していくのですが、この記事で紹介するレンタルサーバーのデータ転送量はどれを選んでも十分です!

足りなくなってもプラン変更は可能なので安心してください!

②料金設定:必要な性能を抑えた上で安いか

見るべきは初期費用月額料金
安く抑えたい場合は月額を年払いにすると割引を受けられます

ここで紹介する4社は月額500~1000円程度
後程、オススメ4社の料金比較を載せるので参考にして下さい

月100円のサーバーも存在しますがネガティブな口コミも多いのでオススメはしません。必要な性能を抑えているか確認してください!

③WordPressサイトが簡単:WordPressセットアップの難易度

最近のレンタルサーバーは「WordPressかんたんセットアップ」サービスが付いています

昔はこういうサービスが無くて苦労しましたが、今は初心者でも簡単にワードプレスを始められます

初心者は必ずWordPressかんたんセットアップ」が付いているサーバーを選びましょう

④自動バックアップ:自動で何日分のバックアップが保存されるか

バックアップは超大事です

ブログはデータです。データは簡単に消えたり壊れたりするものです

僕自身、手動バックアップを忘れていたタイミングでデータが消えてしまい、サーバーの自動バックアップに助けられた経験があります

無料サービスなので初心者は必ず「自動バックアップ」の付いているサーバーを選びましょう

⑤セキュリティ対策:SSL化・WAFなどのウイルス対策

無料ブログと違い、WordPressサイトの場合は自分でセキュリティ対策を行います

見るべきは「無料独自SSL」「WAF」の2点

SSL化とはURLを「http://」ではなく「https://」にすることです。

SSL化をすることでセキュリティ強化だけでなく、「サイトの信頼性向上」「検索順位UP」「サイト高速表示」など大きなメリットがあります

Googleが推奨したことでやる人が増えましたが、最近は1クリックで簡単にSSL化できます

WAF(Web-アプリケーション-ファイヤーウォール)とは、サイバー攻撃からサイトを守る仕組みの事です。

常に最新の攻撃パターンに対応出来るシグネチャ型WAF「SiteGuard」を採用しているサーバーがオススメ!

WAFも1クリックで利用できます

⑥複数サイト運営はできるか:マルチドメイン

ブログを始める時には1つのサイトだけでいいよって思ってる人が多いですが、ブログ運営を続けていると2つ目のサイトを始めたくなるものです

そんな時に今使っているレンタルサーバーで複数サイトが持てたら楽ですよね

1つのサーバーで何個のサイト(ドメイン)を使えるかの数
マルチドメインをチェックしておきましょう

WordPressにオススメのレンタルサーバー4選

おすすめレンタルサーバー4社の比較表

各社複数の料金プランを用意しているので、代表的なプランでまとめました
>>スクロールできます

  ConoHa WING エックスサーバー mixhost ロリポップ!
初期費用 0円 3,300円 0円 1,650円
月額料金 900円(3年契約なら740円) 1,100円(3年契約なら990円) 980円 500円
転送量 27TB/月 1,024GB/日(30TB/月) 24TB/月 24TB/月
バックアップ 無料
復元も無料
無料
復元に15000円
無料
復元も無料
有料(月300円)
WP簡単セットアップ 有り 有り 有り 有り
無料SSL 有り 有り 有り 有り
複数サイト運営 無制限 50サイト 無制限 30サイト
利用者数 少ない めちゃ多い(No.1) 普通 普通
一言メモ 最速 最大手 アダルトOK 最安
ハセガー
それぞれについて詳しく解説していきます!

国内最速サーバー「Conoha WING」

ConoHa WING
ConoHa WING
初期費用 0円
月額料金 900円(3年契約なら740円)
転送量 27TB/月
バックアップ 無料(自動バックアップ:1日1回、2週間分)
復元も無料
WP簡単セットアップ 有り
無料SSL 有り
複数サイト運営 無制限
利用者数 少ない
一言メモ 最速

  1. 国内最速サーバー
  2. 料金が格安
  3. 安心のGMOが運営
  4. 初心者にも使いやすい

ConoHa WING 一番の特徴は最速のスピード!

ConoHa WING の処理速度
ConoHa WING の処理速度

使ってみると実感しますが、めちゃくちゃ速いです。

作業遅延はゼロでサイトの表示速度も高速!当サイトはページスピードオール100!

ハセガー
今一番高速のサーバーを安く利用したい人にオススメ!

抜群の信頼感「エックスサーバー」

エックスサーバー
エックスサーバー
初期費用 3,300円
月額料金 1,100円(3年契約なら990円)
転送量 1,024GB/日(30TB/月)
バックアップ 無料
復元に15000円
WP簡単セットアップ 有り
無料SSL 有り
複数サイト運営 50サイト
利用者数 めちゃ多い(No.1)
一言メモ 最大手

  1. 利用者数No.1
  2. 老舗のサーバーで安心感No.1
ハセガー
長い間不具合なしでやってきた実績と信頼があるので、一番安心感のあるサーバーがいい人にオススメ!

最新マシン「mixhost」

mixhost
mixhost
初期費用 0円
月額料金 980円
転送量 24TB/月
バックアップ 無料
復元も無料
WP簡単セットアップ 有り
無料SSL 有り
複数サイト運営 無制限
利用者数 普通
一言メモ アダルトOK

  1. 最新機材を導入しているので高スペック
  2. プラン変更可能(差額は日割り返却)
  3. アダルトジャンルもOK
ハセガー
最新機材のサーバーを使いたい人やアダルトジャンルの運営をしたい人にオススメ!

一番低価格「ロリポップ!」

ロリポップ!
ロリポップ!
初期費用 1,650円
月額料金 500円
転送量 24TB/月
バックアップ 有料(月300円)
WP簡単セットアップ 有り
無料SSL 有り
複数サイト運営 30サイト
利用者数 普通
一言メモ 最安

一番安い!最安価格!

ハセガー
とにかく安くワードプレスブログを始めたい人にオススメ!

まとめ:WordPress用のレンタルサーバーなら、おすすめの4社から選ぼう!

おすすめのレンタルサーバーを比較解説しました。

最後に一言でおさらいすると、

最速サーバーなら、ConoHa WING

昔からの信頼感で選ぶなら、エックスサーバー

アダルトジャンルなら、mixhost

とにかく安く始めたいなら、ロリポップ!

上記のような感じです。あとは好みで選んでOK!
参考までに筆者は「Conoha WING」を利用していて、人にもおオススメしています。
というわけで以上です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク

2022|WordPressにオススメのレンタルサーバー4社を徹底比較!
最新情報をチェックしよう!